Inspiration

教室で感謝の気持ちを教える5つの方法

W11月と感謝祭の活動がどうであれ、クラスで感謝の気持ちを表すためのアイデアがいくつかあります。 アートを刺激したり、心を変えたりするために使用して、子供たちがより感謝して楽しい人々になるのを助けます。 感謝の気持ちを教え、今年の11月に活動やプロジェクトで感謝の気持ちを表すよう生徒に勧めます。 感謝の気持ちを表す5つのアイデアをご紹介します。そのため、生徒は感謝の気持ちに触発されたアートを作成します。 彼らが感謝していない場合はどうなりますか? または、学生が困難な生活を送っている、または現在直面している困難な何かを抱えている場合はどうなりますか? 学生が感謝に苦しむ理由はたくさんあります。感謝の気持ちを定義することから始めます。 私は感謝の定義とその利点が好きです 今日の心理学:感謝の気持ちは、消費者が何を求めているのか、何が必要なのかを強調するのではなく、自分が持っているものへの感謝を表す感情であり、現在、側面として大きな注目を集めています。 ポジティブ心理学。 感謝の気持ちは、グラスが半分いっぱいになるまでグラスに注がれるものです。 研究によれば、感謝は故意に育てるだけでなく、それを育てる人々の幸福と幸福のレベルを高めることができます。 さらに、感謝について考えること、そして特にそれを他の人に表現することは、エネルギーレベルの増加、楽観主義、そして共感と関連しています。 「」ありがたいタイプの人であることには、現実的で具体的なメリットがあります。 感謝の気持ちは育む価値があり、その態度は感謝祭の心に沈みます。あなたのアートプロジェクトの準備として、感謝の気持ちを育むために今日から始めるための具体的な提案がいくつかあります。1.ジョイジャーナルを保管してください。これについては、「ジャーナルの9つの理由」で説明します。 調査研究によると、1日に5分間の感謝の日記をつけると、抽選で100万ドル以上を獲得することで、長期的な幸福が向上することがわかっています。これについて学生と話し合い、タイマーを設定し、次の2週間は毎日楽しい日記をつけてください。 年長の生徒に気分を計画してもらい、自分の人生観に変化がないかどうかを確認します。 アートを作成するときは、ジャーナルを確認して、あなたを幸せにするパターンを探してください。 それは感謝の気持ちの大きな目標です。利点: この活動は、学生に書くこと、日記をつけること、そして同時に彼らの気分を改善させることができます。...

POPULAR NEWS

EDITOR'S PICK