Assessments

教育の学習の喪失に関するレポートを照らす

学習のデメリットはどこにでもあります。 しかし、レポートはどのように比較されますか? -EdSurgeニュース

学習の喪失はどこにでもあります-挫折を詳述する報告もそうです。 いくつかの学校が再開したとき、edtech製品の使用は減少しました。 そして、「非伝統的な」学生は、「伝統的な」学生よりもオンラインでの遠隔学習の方が良いようです。 このEdtechレポートの要約のすべて。 あらゆるサイズの読書を超えた数学の学習の不利な点これを最初からカバーしましょう。閉鎖された学校の日々と計画外の遠隔オンライン指導に苦しんでいる幼稚園から高校までの学生の学習喪失のパンデミックに関する調査、分析、およびその他のレポートに不足はありません。 異なるのは、レポートの測定方法、測定数、および正確に何を見つけるかです。イルミネーション教育を受ける。 11月に、それ 簡単なレポートをリリース 数学とK-8グレードで読むことの不利な点について。 このメジャーは、2016年秋からFastBridgeの適応評価を使用して管理された「100万を超える」落下チェックを収集します。次に、2019年秋から2020年秋までの年間成長率を、年間の平均下降から下降までの年間成長率と比較します。前。ソース: 教育を照らすIlluminateは、いくつかのグレードで読み取り値が統計的に有意に減少し、グレードK〜8で「単純な」読み取り損失が発生することを発見しました。 数学では、達成度の低下は5年生から8年生で「実質的」です。 どういう意味ですか? 読書の損失はクラスによって1か月から3か月までさまざまでしたが、5年生から8年生の数学の損失が最も大きく、3か月から4か月の進歩を占めました。 ルネッサンス学習、スターアーリーリテラシーの評価、スターリーディング、スターマス、 彼自身の分析を発表した Illuminateレポートの直後の11月。 これには、1年生から8年生の読書と数学が含まれます。 しかし、比較はより制限されており、2019年秋と2020年秋に評価を受けた学生の結果を比較し、50の州とコロンビア特別区からの「530万の評価」を引用して、絶対数がより広範でした。ソース: ルネッサンス学習ただし、全体的な傾向は似ています。...

POPULAR NEWS

EDITOR'S PICK